車の合宿免許取得のデメリット

車の合宿免許取得のデメリット

 

費用の安さや卒業までの期間の短さで人気の合宿免許ですが、デメリットがないわけではありません。
たとえば、約2週間の合宿期間を確保しなければならないということです。
途中で都合は悪いからといって休むことができません。
そのために、会社員は実質上参加するのが不可能で、参加者のほとんどは大学生か、仕事をしていない人になります。
大学生にしても、学期中は参加することができないので、春休みや夏休みに集中します。
そのためこの時期はオンシーズンということで費用が若干高くなり、合宿免許の最大の魅力の一つである費用の安さの恩恵を100%すべて受けることができません。

 

二つ目に、住民票がある地元の自動車学校の合宿免許に参加することができません。
参加できるのは住民票がないエリア、つまり他県の自動車学校になります。
旅行気分で参加するのも楽しいものですが、できるだけ自宅から近いところの自動車学校に参加したいという方は難しいことになります。
三つ目に、他の人たちと一緒に参加しなければなりません。
知らない人たちと一緒に参加するということに抵抗がある人にとっては、合宿そのものが苦痛に感じるかもしれません。
そのような人は、できるだけ中の良い友達と一緒に参加することをおすすめします。